トップ / 通販詐欺サイトの拠点

通販詐欺サイトの拠点

通販の詐欺の被害

詐欺サイト

通販の詐欺サイトの見分け方

通販の詐欺サイトによる被害は絶えることがありません。いつも利用しているサイトだと思っていたらそうでないこともあります。見分け方で大切なのは経営者についての情報がはっきりと書かれていることです。通販詐欺サイトの拠点の多くは国外にあります。そのため銀行振込先が個人名になっているのです。経営者の所在地や電話番号についても一切記されていません。また一見ちゃんと記されているように見えても安心することはできません。架空のものであることがあるからです。たいていの消費者はそこに電話をかけてまで会社が実在するを確かめないからです。

詐欺サイトの見分け方

通販でブランド品などが激安で売っていたので購入してみたら詐欺サイトだったということを良く耳にするようになりました。通販でブランドものなどが異常に安く売っている店をみかけたら注意が必要です。詐欺サイトの見分け方の1つに、銀行振込先が個人名だったり外国人名であるということがあります。会社を設立する際には法務局の審査を受けます。振込先が企業名である場合、この審査に通っているのである程度は信用のできるところだと判断できます。しかし、個人名の口座は、信用がなくてもだれでも身分証さえあれば口座を作れます。振込先が企業名でない場合は注意が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 通販の詐欺は恐ろしい. All rights reserved.